暗号通貨を安全に保管する方法を知る事は、

まず暗号通貨投資をする上でもっとも重要な事です。

 

 

暗号通貨はお金の様に銀行から

引き出して持っておくことは出来ません。

 

 

いくら暗号通貨投資で稼いでいても、

全てをハッキングなどで持っていかれてしまっては、

意味が無いですよね

 

 

これから暗号通貨投資をしようと思われていれば、

安全な保管方法は、必ず知っておきましょう。

 

 

ここでは安全性の高い保管方法を紹介します。

ぜひ活用して下さいね^^

 

 

ビットコインなど暗号通貨を保管する安全な方法とは?

ビットコインや暗号通貨の保管方法は色々

 

始めに、まずは暗号通貨の保管方法はどのような種類が有るのか把握しておきましょう。

 

お金の場合が銀行がガードマンや厳重な金庫が有ってそこに保管していますが、

 

暗号通貨はすべて基本的には自己管理になります。

 

このサイトは暗号通貨投資の初心者向けですから

 

難しい説明は抜きにして、極力簡単で安全に保管できる方法を紹介して行きますね。

 

 

暗号通貨の保管は基本的に安全な取引所で

コインチェック問題でかなり取引所の信頼は落ちてしまいましたが、

 

 

安全な取引所はもちろんあります。

 

 

コインチェックはオンライン上にネムを置いていたことから

ハッキングされてしまったのですが、

そもそも、それが間違いなんですよね。

 

 

わかりやすく言えば、銀行が店頭に

お金を山積みにして置いているような状態です(笑)

 

 

普通金庫で保管しますよね。

 

 

同じようにコインチェックのネムを

「好きなだけ持って行っていいよ」な状態だったわけです。

 

 

その結果、好きなだけ持っていかれましたけどねwww

 

 

ですのでちゃんと暗号通貨を保管しているのか、

セキュリティーをきちんとかけているか、

取引所選びは重要です。

 

 

ビットフライヤー

ビットフライヤーは国内で突出した資金力を持っています。

 

 

出資企業には三菱UFJやみずほフィナンシャルグループ、

第一生命をはじめとする大企業ばかりが名を連ねています。

 

 

これはどういうことかと言うと、

ビットフライヤーが信用できる組織だからこそ、

大企業も積極的に資金を投入していると言えますよね。

 

 

ビットフライヤーが信用できる証拠として、

安全性の高さがあります。

 

 

ビットフライヤーは米国格付け会社の評価も高い

 

アメリカのsqueen社という、

世界中の取引所のセキュリティ監査を行う会社が、

ビットフライヤーが世界最高ランクの安全性が準備されていると

セキュリティーの格付け評価公開しました。

 

参照 https://blog.sqreen.io/cryptocurrency-exchanges-security/

 

 

右側の数字が安全性のランクになりますが、

10段階の内7を獲得しています。

 

 

これはビットフライヤーともう一社だけで、

これだけ見てもセキュリティーには力を入れている事がわかりますね。

 

ビットフライヤーの詳細はこちら

 

 

GMOコイン

 

GMOコインは、東証一部上場企業の

GMOインターネットが親会社です。

 

 

これによってGMOコインは親会社の

GMOインターネットが長年培ってきた

知識や金融サービスなどのインフラ整備等の技術を

活用できるという優位点がすごく良い意味で影響しています。

 

 

セイバーセキュリティ保険への加入

GMOコインは、三井住友海上火災保険株式会社と協力し、

サイバー対策攻撃への対処法を実施しております。

 

 

三井住友海上火災保険株式会社は

中小企業をを対象にした無償サービスを筆頭に、

企業向けサイバーセキュリティサポートを色々としているのです。

 

 

これによって、思いもよらぬ非常時だとしても、

その専門分野の事を熟知しているがケアすることができます。

 

 

これ程の安全対策を実施しておりますが、

社員の機器管理や情報管理であったり

運用面の安全性計画面に対しては率先して公表していないのです。

 

 

公表はしていなくても、セキュリティー対策は万全ですから、

GMOコインも口座開設しておきたい取引所の一つです。

 

⇒GMOコインの詳細はコチラ

 

 

暗号通貨の一番安全な保管方法はこれ。ハードウォレットに保管

ここで紹介するハードウォレットとは、オフライン型で

USBにつなぐだけでPCからウォレットに

ビットコインなど暗号通貨を保管できるものです。

 

 

暗号通貨の盗難はハッカーによるハッキングですが、

オンライン上にあればどこからでも盗まれる可能性が有ります。

 

 

しかしハードウォレットに暗号通貨を移しておけば、

どこからもハッキングしようがありませんので安全^^

 

 

私のおすすめはLedger Nano S (レジャー ナノS)です。

 

 

リップル(XRP)

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムクラシック(ETC)

この4種に対応しています。

 

 

価格はだいたい1万5千円ぐらいです。

 

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の詳細はコチラ

 

 

お金を保管するために金庫を買うと、

何十万円としますから、

暗号通貨の金庫と考えるととっても安いですよね^^

 

 

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は

その本体に秘密鍵がはいっているので、

本体自体をPCにUSBでつながない限りは

中身が開かないようになっています。

 

 

ハードウェアウォレットって複雑そうで

ちゃんと使えるか心配と感じていたのですが、

始めに設定さえさえすれば簡単で

取り扱いやすく、それでいて安全性抜群ですので、

金額が大きくなればなるほど、

ハードウェアウォレットは不可欠です。

 

 

更にハードウォレットは2つ準備して、

1つはバックアップ要の為に本体と

全く別の所で管理して置くことがいいです。

 

 

万が一ハードウォレットを紛失したり、

故障があってもすぐに戻せますからね。

 

Ledger Nano S (レジャー ナノS)詳細はコチラ

 

 

初心者でも心配のなく簡単な暗号通貨保管方法。

ここまで、安全な保管方法を紹介してきましたが、

ここで紹介している

 

ビットフライヤー

・GMOコイン

 

で取引しながら、

保管分はハードウェアウォレットの

Ledger Nano S (レジャー ナノS)を使用すれば、

暗号通貨の保管方法としては全く問題無いレベルです。

 

 

半分ずつか、取引や送金用と保管用で分けておきましょう。

 

 

例えば10万円分の暗号通貨を持っているのであれば、

・5万円は取引用で取引所に置いておく

・5万円は保管用なのでハードウォレットで保管

この様にするのがおススメです。

 

 

一流投資家は必ずリスク分散をしています。

これが出来れば、あなたも一流投資家の仲間入りですね^^

 

 

安全な取引所

ビットフライヤーの詳細はコチラ

⇒GMOコインの詳細はコチラ

 

 

おすすめのハードウェアウォレット

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の詳細はコチラ