ビットコインブロックチェーンという特別な

技術で成り立っているシステムです。

 

 

仮想通貨全体には、まだまだ「怪しい」とか

懐疑的な見方をする人もいますが、

このシステムの事を知れば、

ビットコインや仮想通貨は安全なんだと理解する事が出来ますよ。

 

 

逆に言えばビットコインの事を知る為に、ブロックチェーン

 絶対に知っておかないといけない知識でもあります。

 

 

ではビットコインのブロックチェーンについて

説明していきますね。

 

 

ビットコインのブロックチェーンって何?

ビットコインはサトシナカモト氏が生みの親?

ビットコインはサトシナカモト氏が論文で発表したことが

始まりであると様々な所で報告されています。

 

 

サトシナカモト氏と聞くと日本人の様な印象も受けますが、

日本人かどうか、その正体はまだ誰もわかっていません。

 

 

最近では、サトシナカモト氏を名乗る人も現れていますが

確定されたわけではありません。

 

 

しかし、サトシナカモト氏が発表した論文を元に

世界中の天才プログラマーたちがビットコインを開発したと

言われています。

 

 

ビットコインの特徴はブロックチェーン以外にも非中央集権化

これまで通貨や金融商品は必ずどこかが統治する、

中央集権化というような方法で

全てをコントロールされていたのです。

 

 

円であれば国や日本銀行はそれらを管理しているため、

必ず銀行を通す事が当たり前でした。

 

 

 

株ならば証券会社ですね。

 

 

 

しかしビットコインをはじめとする仮想通貨が

この中央集権が有りません。

 

 

ビットコインの監視はビットコインを持っている人同士が

監視している状態です。

 

 

これまでの法定通貨は、その国の安全面や経済面から

その価値が決まっていましたが、

ビットコインはどの国にも属していないので、

国の情勢は全く関係ありません。

 

 

中央集権化していないメリットは、

誰でも直接ビットコインのやり取りが出来る事です。

 

 

これまではお金を海外などに送金する場合は、

銀行が間に入っていましたので、

その手数料や時間がかかっていました。

 

 

しかし、直接送金出来るので、

時間も手数料もかからずに送る事が出来るのが

最大のメリットではないでしょうか。

 

 

ビットコインのブロックチェーン技術とは

本題のビットコインのブロックチェーンですが、

絵で表すとこんな感じです(笑)

 

このブロック一つ一つに、

“ビットコインを誰がどのくらい持っている”

“○○さんが××さんにいくらのビットコインを送金した”

など、すべてのやり取りが暗号化され記憶されていきます。

 

 

そしてこのブロックの情報は、書き換える事ができませんので、

不正が出来ないシステムなんです。

 

 

そのブロック一つ一つのデータをつなぎ合わせる事が

鎖(チェーン)を連想させることからブロックチェーンと呼ばれています。

 

 

ブロックチェーンのブロックは

複数のブロック同士がつながる事は有りません。

 

 

人間のように2本の手があるイメージで

古いブロックが新しいブロックと手をつなぐと、

その新しブロックが更に新しいブロックと手をつなぐように

どんどん増えていきます。

 

 

ブロックが作られて、繋がっていくスピードはとてつもない速さで

作られています。

 

 

ハッキングしようとしても、過去の古いブロックから順番に

暗号を解読していく必要もあり、

解読している間にまた新たなブロックが作られているので、

そのスピードについていけません。

 

 

ですので、ブロックチェーンがビットコインのセキュリティの働きをし、

ている画期的なシステムなのです。

 

 

これからのビットコインや仮想通貨

仮想通貨はこれからあ融概念の常識を覆していく

素晴らしシステムになります。

 

 

私たちからすれば、その恩恵は大きいのですが、

銀行にとっては脅威でしかありませんからね。

 

 

でも、その将来性は高いとみられているので、

グーグルもマイクロソフトも企業として仮想通貨に参入してきていますし、

Amazonや楽天など独自通貨の発行を検討している企業も

どんどん出てきています。

 

 

日本でもトヨタ、みずほ、三菱東京UFJ、SBI、DMMと大企業と呼ばれる会社が

参入を決めて積極的に動き出しています。

 

 

まだ、中国やブラジルなど一部の国や地域においては仮想通貨の

取り扱いや取引を禁止していますが、

仮想通貨は国単位では関係ありませんし、

今後、その安全性や機能性が確認されていくにつれて、

徐々に緩和されていくでしょう。

 

 

そうなれば、世界中で使用可能になり、

世界中の人々が仮想通貨の価値をドンドン高めていき

今より更に価値が上がりますね。

 

 

先ほども書きましたが、

世界的な企業や金融機関が参入してきている事は、

仮想通貨の将来に大きな可能性を感じているからですよね。

 

 

これから先も、もっと価値が上がる可能性がありますので、

少ない資金からでも投資しておく事をおススメします。

 

 

特に今は、仮想通貨の値段が落ち着いてきていますので、

買いやすい地合いになっています。

 

 

仮想通貨にはそれぞれ、特徴や機能がそなえられていますので、

それらを調べるだけでも楽しいですよ^^