メルマガ登録

仮想通貨税金サラリーマンでも払う必要が有るのでしょうか。

 

 

サラリーマンのほとんどの方は年末調整で税金

確定していますので、払いたくない気持ちもわかりますが、

払わないといけない場合もありますので

きちんと知っておきましょう!

 

タントンパパタントンパパ

私も会社で年末調整してもらってます^^

 

 

仮想通貨の税金はサラリーマンでも払わなきゃダメな人

年末調整していても副業の収入が

20万円以上で確定した場合には確定申告をしなければいけません。

 

 

もし確定申告しなかった場合、

すぐに何かあるわけではないのですが、

もしばれてしまった場合は通常の税金上に

請求が来るのは確実です。

 

 

ばれないから黙って置こうなんて安易な考えは

やめた方がいいですね。

 

関連記事

仮想通貨の税金がばれない方法はある?税務署にも会社にも内緒にしたい

 

 

20万円以上でも確定申告しないといけない人

サラリーマンで利益が20万円以下でも

確定申告しないといけない人はいます。

 

 

年末調整していない人

年末調整していないサラリーマンは少ないと思いますが、

その場合は仮想通貨で利益が出ていなくても確定申告が必要です。

 

また年収2000万円以上の方も、年末調整していませんので、

確定申告が必要ですね・

 

 

給料とは違った所得を有している人

不動産、山林、利子、配当、退職、事業、譲渡、給与、

限定的な収入が存在するケースや、

住宅ローン初年度や医療などの控除を受ける場合は、

ビットコイン(仮想通貨)での利益が20万円足らずでも

確定申告し、税金を支払わないといけないのです。

 

 

仮想通貨の税金が確定するタイミングはコチラ

⇒仮想通貨の税金はこのタイミングで発生!どれだけ税金がかかる?

 

 

仮想通貨の税金はサラリーマンでもどれぐらい掛かる?

仮想通貨の税金は半分以上取られると思われがちですが、

金額が少なければそんな事は有りません。

 

むしろ195万円以下なら消費税よりも低い税率です。

 

課税される所得金額と税率

利益195万円以下なら5%

利益330万円以下なら10%

利益695万円以下なら20%

利益900万円以下なら23%

利益1800万円以下なら33%

利益4000万円以下なら40%

利益4000万円超えなら45%

4000万円超えから所得税率45%

 

 

 

仮想通貨の税金をサラリーマンが申告する方法

自分で確定申告

何かしら今までに確定申告の経験が有ったり、

知り合いに確定申告に詳しい人がいれば、

自分で確定申告するのも有りですね。

 

 

ただ、少額の場合や普通に仮想通貨を買って、

売ったら儲かっちゃったみたいな人はいいのですが、

仮想通貨を買って、その仮想通貨で

別の仮想通貨を買っていたら非常に複雑です。。。

 

 

ビットコインでイーサリアムを購入した場合などですね。

その場合は計算が複雑になってしまいますので、

税理士などに相談するのが正解です。

 

 

税理士に依頼する

利益が大きくでたのであれば、

税理士に相談する方法が間違いなく安全ですね。

 

しかし、注意しなければいけないのは、

仮想通貨に詳しい税理士さんが少ないという事です。

 

 

仮想通貨の知識が有る税理士さんでなければ、

断られる事も有りますし、

初めから受ける気の無い税理士は高額な請求をする前提で

話しをしてきますから気を付けて。

 

 

ですので、税理士さんを探す場合は必ず仮想通貨の

確定申告である旨を始めに伝えましょう。

 

 

 

 

 

メルマガ登録