ライトコインビットフライヤーで買う事が出来るのでしょうか。

 

 

また、今後の値動きを予想するにあたって

ライトコイン特徴などを整理してみましょう。

 

 

ビットコインの陰に隠れていますが

中々ライトコインは有能ですよ。

 

 

ライトコインは ビットフライヤーで買える?

 

ライトコインはビットフライヤーで買う事が出来ます。

 

 

画像のLTCというのがライトコインの単位になります。

 

 

他にもコインチェックやGMOコインなどでも買う事ができますが、

コインチェックは色々な騒動が有りましたからね(^^;

 

 

 

コインチェック以外の、

ビットフライヤーもしくはGMOコインでしたら、

どちらも安全性が高いので安心して買う事が出来ます。

 

 

ライトコインとは?

ライトコインとは、ビットコインが「金」なら

ライトコインは「銀」に よく例えられます。

 

 

ビットコインの機能はそのままで、

ビットコインの欠点を補って公開されたのが

ライトコインです。

 

 

では、ライトコインにはどんな特徴があって、

ビットコインよりどんな所が優れているんでしょうか?
 

 

ライトコインはマイニングがビットコインより簡単

とりわけビットコインは際立った性質をもっているのですが、

ビットコインはマイニングによって、

盤石の仕組みを維持しているわけです。

 

 

マイニングすることによって、

マイナーはビットコインを報酬として手に入れる事が出来ますし、

マイニングを達成するおかげで

ビットコインのブロックチェーンの整合性が継続されます。

 

 

ビットコインのマイニングは

各個人的な家庭のPCなどでは対応できません。

 

 

組織が力を合わせてビットコインの

マイニングを実践しているのが普通です。

 

 

中でも中国においては、ビットコインのマイニングが熱心にされており、

ビットコインのマイニングは7割~8割方中国が

やっていると考えられています。

 

 

そうなるとどうなるかわかりますか?

 

 

非中央集権のビットコインが中央集権化してしまう、

といった実態が生まれてしまっています。

 

 

ビットコインは幾度かハードフォークを

実行して分裂を重ねているわけですが、

この実態はマイナー同士の考え方の違いから起こっているのです。

 

 

ビットコインのマイニングボリュームがたくさんあるグループに、

富が偏ってしまい、権威も優位になります。

 

 

ビットコインは元を正せば非中央集権化で、

誰のものでもない通貨なのが一番の持ち味です。

 

 

しかしながら、今の状態では、

中国のマイナーに権限が纏められているとでもいうべき状態に

なってしまっています。

 

 

このことはビットコインの

もともとの定義からずれてしまっていますよね。

 

 

その為ライトコインはこのマイナス点をカバーしようと、

意図的にライトコインのマイニングを簡単にし、

中央集権化するのが難しい仕組みに成功しているわけです。

 

 

しかしながら、頭に置いておいていただきたいことが、

ライトコインのマイニングは現在はそれぞれ個人的にでも出来ますが、

見通し的にはどんどん大きな組織が顔を出してきてしまう確率が高く、

ライトコインのマイニングであなたが

長いスパンで儲け続けていくのは

年を増すごとに困難になって行くだろうと思います。

 

 

ライトコインは取引承認時間がビットコインより早い

ビットコインの取引承認時間は約10分です。

 

 

ライトコインは、マイニングをカンタンにしていることと

関連性がありますが、

取引承認時間が約2.5分とスピードアップしているのです。

 

 

このことは、この先ライトコインが

ショッピングなどといった決済で活用されることになれば、

決済通貨においてはビットコインの10分に

くらべて待たせられるということが減るわけでありますので、

大きなメリットとなりますね。

 

 

ライトコインの今後の値動きの予想

一番重要になるのが、ライトコインの今後の値動きですが、

見識がわかれる所ですね・・・

 

 

これまでライトコインの値動きを見てみますと、

長い間値が停滞したあと、ドカ~ンと値段が上昇しております。

 

 

こういった価格変動幅は有力仮想通貨は同じような動向をしていまして、

これからライトコインが上に向かうか?

 

が気掛かりではないでしょうか。

 

 

今後の値動きを予想するかどうかの判断をするには、

ライトコインが「この先レベルアップして行けるかどうなのか」

が結果を左右すると想定されます。

 

 

ライトコインは2017年5月にSegwitを実装しました。

 

 

Segwitとは仮想通貨のアップデートのことを言います。

 

 

この時のSegwitでは、処理スピードを

もっとスピードアップするバージョンアップが施されて

ライトコインの価値はどんどん急上昇しました。

 

 

将来ライトコインは暴騰するかどうなのか は、

ライトコインの最新情報や方向感を

始終観察してみると良いですね。

 

 

今後も楽しみなライトコインですので、

少額でも購入しておくのもいいですね。

 

 

ライトコインはビットフライヤーかGMOコインで購入して下さいね。