リップルはビットコインと同じようなものと

思われがちですが、その性質が全く異なります。

 

 

ではリップルとビットコイン

どこがどう違うのか詳しく解説していきますね^^

 

 

ビットコインとリップルの違いとは?

リップルは運営母体が有る

先ほども言いましたが、リップルとビットコインは

同じ仮想通貨ですので、

似ていると思われがちですが全く違います。

 

 

一番は、ビットコインについては非中央集権ですので

運営している母体が有りませんが、

それに対して、リップルは管理している組織が存在します。

 

 

リップルを管理している組織Ripple Labs,INC.がそれです。

 

 

この組織がリップルを活用する

リップルネットワークを編成してるのです。

 

 

リップルの特徴として法定通貨である、

ドルや円と交換する事が出来ます。

 

 

法定通貨と交換するといった場合のリップルの単位を

「XRP」と表します。

しばしば「1XRP」と見なされるのですが、

詳細に言うと、XRPが仮想通貨の形態であるワケじゃないのです。

 

 

けれども、うわべ上はよその仮想通貨と似たようなもので

法定通貨やビットコインと変えられるという理由から

仮想通貨と同じ様に扱っています。

 

 

XRPという単位は、ドルや円と差し替えることに必要な

交換目安としての単位と抑えてお怪我OKです。

 

 

リップルとビットコインの上限発行数が違う

次にビットコインとリップルの全く違う点ですが、

上限発行数が驚くほど異なります。

 

 

ビットコインの上限発行数は2100万枚。

リップルは1000億枚と設定されています。

 

 

またリップルにおいてはマイニングという行為自体有りません。

 

 

リップルについては、ウェブ上で取り引きを行う

利用者を膨大に繁殖させることを目的にしています。

 

 

このところビットコインの取引量が多くなったので、

ビットコインの送金などに10分前後時間が

必要になってきてしまっています。

 

 

これについてはビットコインの

非常に大きいテーマであり今後の課題です。

 

 

しかしながら、リップルはリップルの売買が増大し、

ネットワークに負担が掛かると

 

 

その価値が低減することからネットワークの精度を

キープするという側面を持っています。

 

 

わかりやすく言うと、ビットコインは

決済速度が10分程度どうしても必要なことに対し

リップルは約2.5秒で決済

フィニッシュすることこそが長所になります。

 

 

 

リップルコインの今後の値上りは期待できる?

リップルコインは管理組織がRipple Labs INC.

であるということというのは先ほどの内容で紹介しました。

 

 

これは大きな意味を持っていて、

リップルコインの将来性に、大きな可能性を与えています。

 

 

なぜなら、運営組織がはっきりしていますので、

これから色々な会社や組織などと協力関係になれる、

というような長所があるのですね。

 

 

ビットコインにおいては運営組織がありません。

その為、ビットコインは「みんなのもの」という扱いですので、

会社や色々な組織がが協力関係を結びたくても、

タイアップすることができない立場というわけです。

 

 

それに対し、リップル社は管理組織がキッチリとあるので

全世界の一流会社が提携しようと思えばする事を検討できます。

 

 

また管理組織があってこそバージョンアップも

可能なのがリップルコインです。

 

 

それに伴って、リップルコインが

仮想通貨においては将来性があるか?ないか?

と言われると間違いなく大幅にあると考えられます。

 

 

ですのでもし、あなたがリップルコインにお金を使うようであれば、

大きな金額を一気に投資してしまうのではなく、

少額資金でさらに長い年月持っておくぐらいの

長期間じっくりと見届けて行くことが必要ではないでしょうか。

 

 

現在はリップルの価格も戻ってきていますが、

値段が安い時が仕込み時ですので、

今のうちに少しずつ少額投資を始めていきましょう!

 

 

リップルの少額資金を用意しなくても、

1万円分のリップルがもらえるキャンペーンはコチラ

現金1万円orリップル1万円分が誰でも無料で貰える!嘘のような本当の話し