リップルとは仮想通貨でアルトコインの一つですね。

 

 

ビットコイン=仮想通貨と思われているかもしれませんが、

リップルの様にビットコイン以外の

アルトコインも沢山あります。

 

 

そこで今回は、リップルとはどのような通貨で

どのような特徴があるのか、

また、今後値段がどのように動いていくのか?

予想も合わせて行いながら掘り下げてみていきたいと思います。

 

 

仮想通貨リップルの特徴

リップルというのは、仮想通貨の中でのひとつで

マニアックな仮想通貨と思われがちですが、

実際には取引高で見れば仮想通貨全体を通じて

3位となっている人気が高い仮想通貨なんです。

 

 

リップルが一気に注目されるようになったというのが、

グーグルが出資を決定したこと、と思います。

 

 

あの国際的な大手企業でだれでも知っているグーグルが

出資すると言うなら

リップルの将来性に目を付けたから以外に考えられません。

 

 

それじゃあリップルのどういう所が

優秀であるからグーグルが出資を決めたのでしょうか。

 

 

その原因を知るにはリップルの能力見てみるとわかりやすいです。

 

 

リップルとビットコインはいつも比較対照にされているのですが、

能力や特徴つかいみちと言いますか

作られた意義が全くもって異なります。

 

 

ビットコインは利用者の中で

銀行を介さないで交換する事が出来る通貨ですよね。

 

 

反面リップルは法定通貨と

仮想通貨との仲介のような立場なんです。

 

 

今までは法定通貨同士(ドル対円など)ですと、

銀行を介さないと両替することはできませんでした。

 

 

その金額が大きくなれば手数料も大きくかさみます。

 

 

しかし、リップルは仮想通貨と法定通貨との

両替機能の役割りをしているため、

銀行という仲介業者を通すことなく、

わずかな手数料で仮想通貨と法定通貨の送金ができる、

がリップルの大きな役割りです。

 

 

リップルの過去の値動きと今後の予想

ここまでリップルの特徴や性質について書いてきましたが、

一番の興味は、リップルが今後も長い期間価格上昇し続けるか?

ですよね。

 

 

一番初めに、リップルの長い年月の値段推移です。

 

 

2016年9月では1リップル=0.6円。

2018年3月は1リップル=60円。

 

 

わかりやすく言うと、この期間だけで100倍上昇しています。

 

 

また、三菱東京UFJ銀行がリップルに加わることを言及して

数か月後に1リップル50円までも暴騰したのです。

 

 

ここらで2016年の底値でリップルに

資金を投じていた方たちは、

底値より約100倍もの値上がりをしていますから、

 

 

リップルでミリオネア、

よく言う億り人も登場していると言えるでしょうね。

 

 

しかし、リップルは先ほど説明した

ブリッジ機能のつかいみちが強い通貨ということで、

発行数は1000億XRPとかなり多くなっています。

 

 

もう一方ではビットコインの上限数は2100万BTCです。

 

 

すなわち、希少価値で考えてみると、

普通ボラティリティーは高くない仮想通貨と思います。

 

 

それに伴って、投資家ののなかでは、

リップルはトレードでの価値は無いも同然の仮想通貨かも知れない?

という評判がつきまといます。

 

 

ところが、仮想通貨に限定されることなく投資対象は、

「大勢の方」が欲しいと希望すれば

その値打が高まって行くのです。

 

 

2017年4月に、全世界の銀行など10行が

リップルの取り扱いを決定しました。

 

 

すなわち、今後さらに世界中の金融機関や

企業やその他たくさんの組織がリップルと協力関係を保ち、

今以上に繋がっていく事があれば、

リップルは今以上に値上がりしていく

可能性が高く投資先としては

有望であると判断して悪くはないと思います。

 

 

2018/3月の時点では、1リップル=約60円。

 

 

リップルコミュニティでは1リップル100ドルを

ターゲットにしていますので、

かなり注目度の大きいの仮想通貨に違いありませんね。

 

 

リップルの購入はコチラで出来ます。

GMOコインの安全性が高い訳とは?ハッキングの可能性が無いか心配

 

 

また、リップルが1万円分もらえる企画も有ります

現金1万円orリップル1万円分が誰でも無料で貰える!嘘のような本当の話し